7.阿佐ヶ谷神明宮

中野~西荻窪

杉並のお伊勢様・阿佐ヶ谷神明宮

 今回は阿佐ヶ谷駅から徒歩2,3分と駅近くにある阿佐ヶ谷神明宮に参拝して来ました。約3000坪と大きな神社で、駅近くにこのような豊かな自然が育まれた神社があるとは驚きですね!大鳥居も非常に立派です。

 

 駐輪場・駐車場も完備されていて、遠方からのアクセスもばっちりですね(*^^*)

 大鳥居をくぐりすぐ右手に手水舎があります。新型コロナ対策により柄杓はございませんが、使用可能です。

 手水舎横の道を進むと能楽堂が見えます。今は閉じられていますが、中には狩野派の能画家・作画家の先生が書かれた立派な松の絵(HP画像参照)が見え、様々な能や狂言の上演・お祭りの際の杉並区無形文化財指定を受けている阿佐ヶ谷囃子やお神楽の上演も行われています。

 能楽堂の向かいには、社務所と祭典などの後にお食事などの会場がある神明殿(参集殿)があります。ここで御朱印その他の授与品もいただけますよ。また二階の大広間には定員70名までの椅子席があり、結婚式後のお食事にもいいですね。

 神明殿の横には菅原道真公を主祭神とする天神神社があります。鳥居が五角形!で珍しいですね。学問の神様ですから、五角形で合格形ということかな笑

 参道を通り、短い階段を上って本殿に繋がる瑞祥門をくぐります。

 そのまま真っすぐ進んで拝殿に参拝します。拝殿はかつては本殿と一体でしたが、現在は切り離され、拝殿を通して本殿に参拝出来ます。

 中央の本殿には天照大御神が祀られ、左の摂社には須佐之男命、右の摂社には月読命が祀られています。本殿はかつて鎮座されていたものから摂社を切り離し、切り離された摂社にはかつての天祖神社から木材を頂いて建立されているそうです。 本殿と摂社にはそれぞれの祭神の特徴を現した装飾が施されており、天照大御神は太陽、須佐之男命は海、月読命は月の装飾がなされているそうです。(HP参照)本殿の詳しいお姿は、HP上の画像をご覧ください。

 拝殿の右手には元宮があり、伊弉冉命(イザナミノミコト)と伊弉諾命(イザナギノミコト)、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が祀られています。

 また、拝殿左手には昇殿参拝の受付があります。御朱印はここでは頂けないので注意しましょう。

 瑞祥門をくぐり、参道の分岐まで戻って西参道へ進みます。すぐのところに、開運道開きの神様である猿田彦神を祭神とした猿田彦神社がございます。

 西参道の奥には西大鳥居があります。大鳥居と変わらない大きく立派な鳥居です。近くには阿佐ヶ谷北一丁目のバス停がありますので、そこから来るのならこちらの鳥居の方が近いかと思います。

降臨殿と八難除祈願

 

 西参道右手には降臨殿がございます。この降臨殿は旧社殿の木材を出来うる限り活用して建てられており、奥には天照大御神の荒御魂(あらみたま・、格別に顕著なご神威をあらわされる御魂の働きであり、荒々しい側面、荒ぶる魂でもある。)と豊受大神が祀られています。現世に数ある災難厄事全てを古来より伝承された儀式と祝詞により取り除く、八難除祈祷(すえひろ祈願)を初穂料3000円からどなたでも受けることが可能です。祈祷では、それぞれのお願い事を88種の招福祈願から選び神様にお伝えしていただきます。八難除は古くから正五九参りと呼ばれ、4ヶ月毎に御祈願することが正しいとされ、特に年三回のご祈願を三年間繰り返すことは九重参りと呼ばれて最も丁寧な御祈願の方法とされているそうです。 また、降臨殿内の様子はHP上の画像をご参照ください。

ご由緒

  曰く、日本武尊が東征の帰途に阿佐ヶ谷の地で休息し、のちに尊を慕った村人が旧社地(お伊勢の森と称される現在の阿佐ヶ谷北5丁目一帯)に一社を建立し、神明宮を勧請したのが阿佐ヶ谷神明宮の始まりであると『江戸名所絵図』(天保7(1836)年刊行)に記されているそうです。

 江戸時代から庶民の信仰篤く、その一端を示す「内藤新宿仲下旅籠中仲下茶屋中」の文字が刻まれた文化11(1828)年の銅製の三本御幣が奉納されているとのことです。(HP、説明板参照)

御朱印

 阿佐ヶ谷神明宮の御朱印は神明殿の社務所にて書き込みで頂けます。初穂料は500円で、2種類あります。他にも「大和がさね」という刺繍入りの綺麗な御朱印も頒布していて、こちらは初穂料1000円にて頂けます。郵送での頒布も受け付けていらっしゃるそうなので、とっても雅やかで可愛く綺麗な御朱印なので、ご時世上参拝の難しい遠方の是非御朱印をお手に取ってみて下さい。

阿佐ヶ谷神明宮・基本情報

阿佐ヶ谷神明宮

 祭神:天照大御神

 創建:詳細不明

 例祭:9月13日

 住所:東京都杉並区1-25-5

 最寄り駅:阿佐ヶ谷駅から徒歩2分、南阿佐ヶ谷駅から徒歩11分、鷺ノ宮駅から徒歩23分

 HP:https://shinmeiguu.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました